top of page
検索
  • 多摩川音響

所感 #14

白紙になったところで、今一度どんな音にするのか検討してみた。

馴染みのあるテイストで、全体的な楽器の構成を変えるつもりだったのですが、なんとなく居心地がよくない。

さて何故だろうか?と首を捻っていたら思い当たるところがありました。

あーなるほど・・・


その「雰囲気」とか「空気」ていうのは他人の音源の中でも時々見え隠れしてはいるのだけど、一聴わかりやすいしついてくるキャッチフレーズの響きもいい。

ただそういった音がどうにも「貧しい音楽」に聴こえることが少なからずあって。

その事に意識的になってしまったということは、そりゃもう「切り捨てて」行くしかないわけです。そうしたからといって所謂「いい音楽」になるのかどうかは判らないのですが・・・まあやってみる事にします。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

明けましておめでとうございます。 三ヶ日もあっという間で、明日からは糊口をしのぐべく労働へ(笑 4日間だけでしたが、多少なりともやれることはできたので少し前進。これからは仕事もしつつの活動なので、限られた時間を有効に使わねば。 仕事してると疲弊しまくるので、音楽制作なんてものは冗談抜きに気力と体力の勝負。 「疲れたからまた明日」なんて言ってると、あっという間に2023年大晦日・・・なんてことにも(

2022年も終り。 社会復帰へのフルタイム勤務。12月にやっておいて良かった・・・としみじみ。何故かというと情けない話ながら、これがまあとにかく疲れた(笑 新年からこれだったらマズい事になっていたかも(笑 今年は諸々の計画も大まかにはクリアできたし、ここまで自由な時間があった時なんておそらくは初めてだったし、それなりに良い1年だったか。 来年は・・・今年に比べたらそれなりに忙しい年になりそう。で

12月。 ライブを2本終了。新作アルバムのミキシングなどやりつつ地味に社会復帰(笑 7月末まで働いて、とりあえず立てた年内目標までとりあえずたどり着いた感じ。8月からは音楽聴くか、創るか、演奏するかだったのだけど自分でもびっくりするぐらい飽きない。ライブをやったおかげで、次のアイディアも演奏スタイルもできた。新しいアルバムを創ろうと思った時、実は何も浮かばないし楽器に触れるのも惰性になっていた。「

bottom of page